※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

寝かしつけイライラ解決法5選

寝かしつけイライラ解決法5選子供

1人じゃねられない子の寝かしつけ。

なかなか寝てくれなくてトントンしてみたり、寝たふりをしたり。

寝たと思ってそーっと退出しようとすると、気づかれて1からやり直し。

誰しも経験があるのでは?

本当にめちゃくちゃ疲れますよね…

自分の時間がなくなっていくと思うとイライラして最後には「早く寝ろー!」と怒鳴ってしまったり。

そんな寝かしつけのイライラを解決する方法をご紹介します。

寝かしつけイライラ解決法5選

寝かしつけイライラ解決法① 早く寝てくれる環境を作る

「いろいろ環境づくりはやっています!」

という方もいると思いますが、もう一度環境を見直してみましょう。

1. 就寝ルーティンの確立

子どもが毎晩同じ時間に寝る習慣を付けましょう。

彼らの体内時計を整え、寝る時間になると自然と眠気を感じさせるのに役立ちます。

就寝前のルーティンには、お風呂に入る、歯を磨く、絵本を読むなど、落ち着いた活動を含めると良いです。

これにより、子どもは心身ともにリラックスし、スムーズに寝入ることができます。

2. 落ち着く環境を作る

子どもが快適に感じる環境を整えることが大切です。

部屋は暗く、静かで、適度な温度に保ちましょう。

また、子どもが好むお気に入りのぬいぐるみや毛布を一緒に寝かせることで、安心感を与えることができます。

3. スクリーンタイムの制限

就寝前のスクリーンタイム(テレビ、タブレット、スマートフォンなど)は、子どもの睡眠の質を低下させることがあります。

スクリーンから発せられる青い光は、体内の睡眠を誘発するメラトニンの産生を抑えるため、就寝前の1時間はスクリーンの使用を避けるようにしましょう。

4. 体を動かせて疲れさせる

日中に十分な運動をすることで、夜に子供がよりよく眠れるようになります。

公園で遊んだり、散歩をしたりして体をしっかり動かしましょう。

ただし、就寝直前の激しい運動は避けてリラックスできる活動に切り替えることが重要です。

5. 親がリラックスする

子どもは親の感情を敏感に感じとります。

そのため、寝かしつけの際には親もリラックスすることが大切です。

深呼吸をしたり、瞑想をしたり、音楽を聴くなど自分を落ち着かせる方法を見つけてみてください。

親が落ち着いていると、子供も安心して眠りにつきやすくなります。

寝かしつけイライラ解決法② 自分も一緒に寝てしまう

あきらめて子供と一緒の生活リズムにしてしまうのも一つの手です。

我が家も2人目からはあきらめて一緒に寝ています。

私にとってこの方法が一番ストレスがなかったからです。

いろいろやりたい気持ちはあると思いますが、たっぷり睡眠時間をとると美容、健康に効果的。

しかし、「そんなに長く寝られないよ!」

という方もいると思います。

そういう方は、朝早起きして自分がやりたいことをするのもいいですね。

寝かしつけイライラ解決法② 誰かに寝かしつけを変わってもらう

もし誰か変わってくれる人がいるのであれば、代わりにお願いしましょう。

子どもは他の人だと嫌だというかもしれませんね。

しかし、嫌な人の方があきらめて早く寝てくれたりしますよ。

頼れる人がいなくていっぱいいっぱい。

もう疲れてしまった・・・

という方は、ベビーシッターを一度利用してみるのもおすすめです。

私も一度利用しましたが、ベビーシッターの方はやっぱりプロ。

いろいろなアドバイスも聞くことができ、少し楽になりました。

子育ては本当に大変です。

頼れるものはどんどん頼って自分のメンタルを保ちましょう。

寝かしつけイライラ解決法③ ラジオやオーディオブックを聞く

寝たふりをずっとするのがだるい!

時間の無駄だ!と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方には耳活がオススメです。

最近はワイヤレスイヤホンが主流なのでこっそり自分の好きなものを聞いて楽しみましょう。

Amazonのオーディオブックのオーディブルでは耳で様々な本が効き放題なのでおすすめです。

有名芸能人が読んでるものもあり、お気に入りの芸能人がいたら声を聴くだけでもうれしいですよね。

育児中になかなか本を読むのは難しいですが、聞くだけなら家事の合間にも本が読めます。

無料体験ができるので一度試してみる価値ありです。

<<Amazonのオーディブルを見てみる>>

寝かしつけイライラ解決法④ 一人で寝てもらう

寝かしつけがどうしてもきついという場合は、一人で寝られるようになってもらうしかありません。

時期やタイミングによって難しい場合も多いと思います。

でも、一人で寝てもらえるとすごく楽です。

我が家では次男は構っている時間もなかったため、1人で寝てもらっていました。

初めは1人で寝ていたものの、2歳ごろになったらドアを開けて起きてくるように・・・

なかなか子育てはうまくいきませんね・・・

まとめ:寝かしつけイライラ解決法5選

今回は寝かしつけイライラ解決法5選を紹介しました。

  • 早く寝てくれる環境を作る
  • 自分も一緒に寝てしまう
  • 誰かに寝かしつけを変わってもらう
  • ラジオやオーディオブックを聞く
  • 一人で寝てもらう

子育ては本当にイライラすることが多いですよね。

寝かしつけのイライラは多くの親が直面する課題です。

これらの方法を取り入れることで少しでも快適に過ごせるようになることを願っています。

今は大変ですが、子供はすぐに大きくなってしまいます。

今しかできない子供との時間を楽しみましょう!

寝かしつけアイテムを紹介しているこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

我が家を救った寝かしつけ神アイテム

ズボラ母ちゃんの子育てブログ

コメント